目の下のたるみはマッサージが必要不可欠

続けていくことが大事

この方法は目の疲れが劇的に解消する事ができ、目の周辺の血流効果も期待できるので特にマッサージとセットで行う事がお勧めです。
マッサージをする時間帯としては、1日の疲れが溜まった寝る前に布団の中で行っています。
この効果があるお陰で、目のたるみやクマなど以外にも安眠効果も出るので、私は質の良い睡眠を取る事もできます。
また、仕事中によくやる事がツボを押す事で、昼休憩などに目頭の少し上の窪んでいる部分をゆっくりと押します。
次に眉の内側の少し下あたりを押していきますが、これも目の疲れを取ったり血流が改善する方法です。
この様な方法を私の場合2年ほど実践しています。
もちろん毎日ではありませんが、週に数回実践するだけでもだいぶ効果を感じる事ができます。
実際に私は、目の下のたるみも改善し顔全体の血色が良く写真で確認しましたが、2年前と比較すると良い表情になっています。
今後も予防として継続して実践していくつもりです。

デスクワーク中心の仕事で、たるんできた目元 / 私がやっているマッサージ / 続けていくことが大事