目の下のたるみはマッサージが必要不可欠

デスクワーク中心の仕事で、たるんできた目元

私は若い頃は殆ど気になりませんでしたが、年齢と共に目の下たるみやクマができやすく、特にデスクワークでのパソコン中心の仕事になってからは、それが著明に表れています。
目の周りにたるみやクマができると、必然的に人相も悪くなりサービス業に勤めている私には致命的な問題になります。
改善を試みた私は、初めは目の周囲に保湿剤のクリームを塗ったり、サプリメントを飲用したりしました。
結果として何もしないよりは多少の効果が出ますが、ハッキリとした改善は見られず最終的にクリニックを受診し、ヒアルロン酸やコラーゲンの注入も考えていました。
しかし、ヒラルロン酸やコラーゲンの注入は1度のみではなく、半年から1年サイクルで注入を繰り返さなければならず、費用や時間的にも自分には無理でした。
そんな中である書籍を読んで、目の下のたるみやクマは顔の筋肉や血流の改善で解消する事が分かりました。
特に体の部位の中でも、目の周りの筋肉は非常に弱く意識的にエクササイズを行わないと、加齢と共に筋力が低下しシワやクマの原因になってしまいます。
場所を選ばず費用もかからないのが、マッサージでありもちろんエステなどによるプロの手を受ける事に越した事はないのですが、自分で自宅で簡単に出来るのがメリットと言えます。
但し、マッサージだけで内部からエクササイズを行うのも良いですが、少なからず保湿クリームなど外部から取り入れる事も同時に行うと、より効果を発揮します。

デスクワーク中心の仕事で、たるんできた目元 / 私がやっているマッサージ / 続けていくことが大事